整骨院・鍼灸院|後縦靭帯骨化症で文京区の接骨院に行ってみた

【無料の企業PR広告】
■該当件数6件 | <前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 次へ>
TOP > 整骨院・鍼灸院 > 東大前接骨院

後縦靭帯骨化症で文京区の接骨院に行ってみた


文京区向丘、西片地区の皆さんこんにちは。東大前接骨院です。
後縦靭帯骨化症という難病がありますが、以前の職場でよくこの病名の患者さんの治療をしておりました。脊柱の靭帯が骨化してしまい、しびれや動きに制限が出るという難病です。
病気の進行は様々ですが、しびれや痛みが強くなければ保存療法と言い筋肉をほぐしたり周辺の関節を動かしたりします。動きが制限されることで首や肩、背中の周辺が固くなり悪くない部分もだんだん重だるさが出てくるといった状態になります。背骨のどの部分に骨化が起きるかはその人によって違いますし、それによって生活の障害が出るかも異なります。筋力が落ちてくる場合は低下を防ぐトレーニングや手のリハビリなども行います。当院でも自費になりますが筋肉の張りに対して治療を行っております。すべての症状が取れるわけではありませんが、日常の生活動作がかなり改善する方もいますので、まずはどんな症状なのかをお伝えいただければと思います。できることとできないことは始めにお伝えするので、そのあと治療を受けるかを判断していただいて構いません。場所は文京区の南北線、東大前駅が最寄り駅です。白山や本郷からも自転車で来る患者さんもいらっしゃいます。基本的にお休みはありませんのでまずはお電話でお話をお聞かせください。